すっぽん小町 飲み方

すっぽん小町の正しい飲み方を調べてみました!

美容や健康にとても効果が期待できるサプリメント、「すっぽん小町」。

 

あのくわばたりえさんも愛用されていることが公式サイトからも見て取れますね。

 

ここまでの記事をご覧いただきました方ならお分かりだと思いますが、
その主成分は美容の王道「コラーゲン」と、黒酢の約91倍もの含有量を誇る「アミノ酸」。

 

そんな身体に嬉しい成分がふんだんに含まれているすっぽん小町ですが、
まだ少し効果に不安を感じるあなたのために、今回は効果的な飲み方についてご紹介したいと思います。

 

【食後の飲用が吸収率アップのカギ】

基本的にはすっぽん小町はいつ、どんな時に飲んでも問題はないそうです。

 

ただし、食事を摂った際は身体に栄養が吸収されやすくなっているため、
食後にすっぽん小町を飲むと、より吸収率がアップすることが期待できるかもしれません。

 

【時間帯は「夜」がおススメ?】

調べてみるとわかりますが、すっぽん小町を愛用されている多くの方が、
「夜に飲むと朝スッキリする」や、「二度寝の習慣が抜けて、
目覚ましより早く起きれるようになった」など効果を実感されているご様子でした。

 

食後と夜を掛け合わせて、夕食の後にすっぽん小町を飲むといいかもしれませんね。

 

また、夜10時はゴールデンタイムと言われる時間帯です。

 

ゴールデンタイムとは、最も成長ホルモンが分泌される時間帯のことを言って、
特に寝始めの3時間(夜10時〜夜中1時)が最も成長ホルモンが分泌されているんだとか。

 

小さなお子様が早く寝る様に親御さんに言われるのは、こういった背景があるからなんですね。

 

なのでこの時間帯にはもうすでにすっぽん小町を飲み終えて、
睡眠に入っているのが理想的との声もあがっています。

 

※ただし、すっぽんの成分として夜飲んで
身体がなんだか元気になって眠りづらいこともあるそうです。

 

朝の方が良いかも・・などの声もあがっていますので、
ご自身にあった時間帯を色々と試してみるといいでしょう。

 

【1日の摂取量について】

 

すっぽん小町の1日の摂取量は2粒が目安とされています。

 

しかし、その用途によっては数を変えても問題はほとんどないそうなのですが、
例えば「美容」のために飲みたい場合、1日の摂取量を多く摂ったとしても、
1日2粒の時と変化は現れないそうです。

 

なんだか少しもったいない気持ちになりますね。

 

しかし、健康などの用途ですっぽん小町を使用する際はちょっと違うみたいです。

 

「身体が疲れた」「疲れが取れない」などといった疲労などには、
1日2粒のところを4粒飲用するなどすると「身体が元気になった」との声が多くあがっています。

 

もちろん個人差はありますし、2粒でも元気になったという声もいただいております。

 

このように、時間帯や量などによって、すっぽん小町は様々な効果を発揮してくれそうです。

 

ご自身に合った飲用方法を見つけて、すっぽん小町の効果を実感できるとベストですね。

 

また、サプリメントを飲用する際はジュースやお茶などは避けて、
なるべく常温のお水での摂取を心がけるようにしましょう。

 

<<<すっぽん小町の公式サイトはこちらから>>>